poco a poco 育児を楽しむ

親も子も楽しみながらのびのび成長できたらいい。無理なく poco a poco...(ゆっくり、少しづつ)

チン○コタヌキ

小学1年生のある日

6年生だった姉が後に学校から帰って来て

私に行った

 

姉『ごみステーションにタヌキのぬいぐるみが捨ててあったんだけど、迷ったけど汚かったから置いてきた』

 

私『えっなんで?』

 

姉『大きかったし』

 

私『なんで拾わなかったのさ。かわいそう』

 

という会話になり

ふたりでごみステーション

戻った

 

姉の言ったとおり

大きいタヌキがいた

しかも汚い。想像以上に汚かった。

 

けど後にはひけず

ふたりで抱えて家に連れ帰った

 

連れ帰りながら私は思った

おチンチ○ついているなんて

姉は言わなかった

 

なんでこんな重要なことを言わなかったんだと

姉を恨みつつ

頬を赤らめながら

タヌキを家に連れて帰った

 

そして名付けた

チン○コタヌキ

バカな姉妹

 

そんな話を思い出し

また姉とふたりバカ笑い

 

30年経っても変わらない私たち

バカだな〜〜本当

 

あのタヌキ...

いつの間にか

我が家からもいなくなったんだけど

きっと母に捨てられたんだと思う

 

不憫なタヌキ

恨むなら

付けた作り手を恨んでね

f:id:poco0719:20170308230122j:image

 

 

広告を非表示にする