読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

poco a poco 育児を楽しむ

親も子も楽しみながらのびのび成長できたらいい。無理なく poco a poco...(ゆっくり、少しづつ)

彼女に教えられたこと

念願の厳島神社についたとき

元同僚から電話があった

悲しい知らせ

 f:id:poco0719:20170331210744j:image

大切な友人をまたひとり失った

はじめは中学生の頃

大学生の頃

社会人になってから

そしてママになってから

 

迎えたくもない再び訪れた

大切な友人との永遠の別れ

 

彼女は

若いのにペースをいつも崩さず

常に落ち着きがある反面

破天荒なところもあり

面白くなんともほっとけない可愛い子

 

前の職場で会ったのがきっかけだった

 

病魔と幾度も戦って

元気な姿を見せてくれたから

また会えると信じていたのに

あれが最後となるなんて思いもしなかった

 

カメラを買いたいから

付き合ってと誘い出したあの日。

彼女が買おうか迷っていたリュックを

なにげもなくプレゼントした。

誕生日でもない日に

そういうことしたのは初めてだったけど

なんだか買ってあげたかった。

それが会えた最後の日。

 

まだまだ私が彼女にできたことが
あったのではと
知らせを聞いてから後悔ばかり
彼女に教えられたことを
生かし続けるしかないなんて

まだまだ一緒に生きたかったよ
ただただ悔しい寂しい


甘え上手だった彼女が
ひとりで泣いていないか

心配でずっと落ち着かない

 

人見知りだったネネの心を静かに掴み
光の中にいる

こんな素敵な笑顔を捉えてくれた。

素晴らしいカメラマン

f:id:poco0719:20170331212237j:image

私のお気に入りの写真です。

宝物をありがとう。

教えられたことを生かし続けます。

 

偶然にもお通夜で見た遺影の写真には

リュックが

私にもらったと嬉しそうに話してたと

撮った友人が話してくれた。